第266回 映画上映作品

蜩ノ記 ひぐらしのき

蜩ノ記 ひぐらしのき

(C)2014「蜩ノ記」製作委員会

十年後の切腹を命じられた男。残された時間を、あなたならどう生きるか――。

原作は第146回直木賞を満票で受賞、浅田次郎に「これまでにない完成度」と言わしめたベストセラー時代小説、葉室麟著「蜩ノ記」。

前代未聞の事件を起こした罪で10年後の夏に切腹すること、そしてその切腹の日までに、藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられた戸田秋谷(役所広司)。その切腹の日は3年後に迫っていた。
檀野庄三郎(岡田准一)は、家譜編纂の作業から藩の秘め事を知ることになる秋谷が逃亡せぬよう監視せよとの藩命を受け、幽閉中の秋谷の見張り役として、秋谷の妻・織江、娘・薫、息子・郁太郎と生活をともにし始める。
切腹という過酷な運命が待っているにもかかわらず、一日一日を大切に、淡々と家譜づくりに勤しむ秋谷。夫に深い愛情と信頼を寄せ、家族に尽くしながら穏やかに日々を過ごす、妻の織江。そんな両親の背中を見ながら、必死に強い心で生きようとする薫と郁太郎。秋谷の揺るぎない姿、そしてそれを支える家族の姿に感銘を受けた庄三郎は、秋谷が切腹に追い込まれた事件に疑問を抱き、彼を救うべく、真相を探り始める。
やがて庄三郎は、事件の真実を暴き藩政を揺るがす、重大な文書を入手する。
果たして、秋谷と庄三郎、織江と薫に待ち受ける運命とは・・・。

監督:小泉堯史(「雨あがる」ほか)
出演:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子 ほか
原作:葉室 麟「蜩ノ記」(祥伝社刊)
2014年/日本
配給:東宝

映画公式HP: http://www.higurashinoki.jp/